FC2ブログ

エディットピアフ

別枠を設けていただきたい


残酷描写:無し
性的描写:ままあり
子供に見せられる度:きっと退屈
五十音順一覧 全記事リンク一覧
本作で主人公のエディットピアフを演じたマリオンコティヤールは、その演技が認められアカデミー賞主演女優賞に輝きました。確かに、彼女の演技は素晴らしいです。エディットピアフという人物をほとんど知らない私でさえ、実際の彼女にそっくりなんだろうなと思わせるくらいの気迫に満ちた演技。賞賛に値する女優です。
しかしそれでも、アカデミー賞受賞はいまいち納得できません。

アカデミー賞では、実在の人物を演じた俳優が主演賞になる傾向がかなり高いです。レインマン、レイジングブル、英国王のスピーチ、めぐりあう時間たち、アマデウス、ガンジー、シャイン、戦場のピアニスト、マーガレットサッチャー、ミルク、リンカーン、ボーイズドントクライ、エリンブロコビッチ、モンスター、クイーンなどなど。伝記映画の数の割合に比べて、受賞者は絶対多いと思います。

実在の人物を演じるということは、演じる対象の見本がある、ということです。俳優はその人物について深く研究し、批評家はその人物と俳優が似ているかどうかを判断します。その完成度が、通常の演技の評価のプラスアルファになる。
続編やドラマ作品の映画化ならいざ知らず、オリジナル脚本とかの場合は、俳優はなんの見本もない、脚本の完成度と自らの想像力で役作りをします。それは実在の人物という明確な像があるよりもはるかに難しいはずです。実在の人物とそうでない人物を演じた評価が、フェアとはどうしても思えないのです。

本作主演のマリオンコティヤールは、本物のエディットピアフに似ているか否かを置いといたとしても、本当になにかに憑りつかれたようにしか見えないくらいの演技でした。でもやっぱり、実在の人物を演じている以上、賞レースからは外れてほしいです。こんなのフェアじゃない。実力が伴わっていないのに受賞しているわけでは決してないため、受賞自体を批判することも出来ない。なんとも歯がゆい状態なのです。

本作は時間軸がかなりバラバラで、正直娯楽映画の完成度としては特筆するほどのものではないと感じました。アカデミー賞でも主演女優賞とメイクアップといういずれも実在の人物を描いたからこそ受賞したようなものだけに留まりました。世の中の映画賞のすべてをそうしろとは言いませんが、せめてアカデミー賞では、実在の人物枠を設けていただきたい。しつこいようですが、これはフェアではない。

五十音順一覧 全記事リンク一覧
カテゴリ:映画ーあ~お
タグ:個人的評価:☆3個 オススメ度:☆4個 オリビエダアン マリオンコティヤール ジェラールドパルデュー
個人的評価:☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆
残酷描写:無し
性的描写:ままあり
子供に見せられる度:きっと退屈





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆3個 オススメ度:☆4個 オリビエダアン マリオンコティヤール ジェラールドパルデュー

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク