FC2ブログ

秒速5センチメートル

これが恋愛鬱映画


残酷描写:無し
性的描写:無し
子供に見せられる度:全世代OKだけど子供が観たら「なんだあの女!」って思って本質伝わらないかも
五十音順一覧 全記事リンク一覧
鑑定師と顔のない依頼人ブルーバレンタイン、そして本作。これらはある共通点があります。
私はこの三作は素晴らしい傑作だと思っており、同時に二度と観たくないとも思っているのです。そう、この三作は恋愛映画なのです。

日本のみならず世界的に評価されている本作。でも実は本編が60分しかない中編映画なのです。監督に感謝致します。この内容で上映時間普通に2時間とかだったら受けるダメージは2倍どころか2乗だったかもしんない。

本作はラブストーリーです。本作には悪人は一人もおらず、悪意も一切ありません。嫉妬や憎悪など、負の感情もまったくない。だからこそ、どうにも抗えない「痛み」があるのです。憎める悪があったらどんなに楽か。これが恋愛鬱映画の恐ろしいところです。感情をぶつける先は存在せず、自分の中で消火するしかないのです。

もちろん、本作のオチが、登場人物たちの人生のオチではありません。人生は常に途中経過です。本作の登場人物たちは、このあとで幸福を掴んだかもしれないし、逆に不幸に見舞われたかもしれない。これが人生の到達点ではない、これからまだまだいろんなことがある。すべての経験は無駄じゃない。なんて口で言うのは簡単ですけどね!人間そこまで強くはない。

本当に素晴らしい作品であることは間違いないです。でもやっぱり、一回観るのが限界です。少なくとも、パートナーに誕生日プレゼントで贈るような映画じゃないです。

↓参考にならなかったら叱咤を込めてクリックお願い致します
 にほんブログ村 映画ブログへ

カテゴリ:映画ーは~ほ
タグ:個人的評価:☆4個 オススメ度:☆4個 新海誠
個人的評価:☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆
残酷描写:無し
性的描写:無し
子供に見せられる度:全世代OKだけど子供が観たら「なんだあの女!」って思って本質伝わらないかも





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆4個 オススメ度:☆4個 新海誠

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク