FC2ブログ

ブラックボックス

やっぱり掴みは大事


残酷描写:無し
性的描写:あり
子供に見せられる度:中学生以上

五十音順一覧 全記事リンク一覧
漫画や小説、ドラマなどの連載・続きモノは、序盤で面白くないとその後の話を観てもらえない可能性があります。なので序盤にインパクトある展開を持ってきて受け手の心をつかみ、以降の物語にも着いてきてもらいます。物語の最初は極めて重要なのです。
対して映画は、通常はその作品だけで話が完結する単発モノです。すなわち、当然といえば当然ですが映画を観始めた人間のほとんどが結末まで観ることになります。なので他の創作物に比べ物語序盤における瞬発力はそこまで求められていません。
映画で前半の1時間ではなにも起こらず後半から怒涛の展開は可能でも、マンガで最初の10話はなにも起こらず11話から怒涛の展開というのは出来ないのです。マンガでそれやってのけたのはアイアムアヒーローくらいのものです。

さて、前置きが長くなりましたが結局なにが言いたいのかというと、本作は掴みが悪い。いくら映画とはいえこれはストレス溜まる。

一人で山道を運転していた主人公。突然視界に入った子供を避けようとしてハンドル操作を誤り、意識不明に陥る大ケガを負った。病室で目覚めて看護師に事故の経緯を聞くと、子供なんていなかったと言う。そして看護師は主人公が昏睡状態のときに囁いていたうわ言をメモしたものをくれた。このメモの謎を解けば事故の状況を思い出せるかもしれない。

曖昧な記憶の時間になにがあったのかを探る、というのは映画ではよくあるプロットです。でもそれは現在の状況がイカレていればいるほど映えるのであって、本作はなんというか先が気にならんのです。
ハングオーバーみたいに「朝目覚めたら隣にトラがいて自分の顔面にタトゥーが掘られてて親友が行方不明」とかだったらそりゃ掴みは最高です。どうしたって昨夜になにがあったか気になります。
でも本作は主人公の行動のきっかけが看護師に渡されたうわ言のメモですからね。
正直どうでもいいっちゃどうでもいいじゃないですかそんなの。
自分がなぜこの街にやってきたのかも記憶が曖昧ですが、差しあたって主人公になんの危機も迫っていません。
これでせめて事故の際に見た覚えのある子供の存在が明確であれば気になるものを、子供なんていなかったと言い切っちゃってますからね。
サスペンスの可能性自ら潰してどうする。もっと濁した演出して曖昧にすればいいじゃない。

そして中盤以降はかなり論理性を捨てています。人の記憶がテーマなので現実的ではない曖昧さはあってもいいんですが、序盤の展開から見るにちとフェアじゃないかなと。
ジェイコブスラダーみたいに、そういうものだって分かる演出を序盤に入れてくれていれば心の準備も出来たでしょうけど、どうも本作はいろいろ納得いかない腑に落ちない。記憶曖昧モノ(?)の演出は難易度高いのかもしれません。

五十音順一覧 全記事リンク一覧


カテゴリ:映画ーは~ほ
タグ:個人的評価:☆2個 オススメ度:☆2個 リシャールベリ ジョゼガルシア マリオンコティヤール ミシェルデュショーソワ
個人的評価:☆☆
オススメ度:☆☆
残酷描写:無し
性的描写:あり
子供に見せられる度:中学生以上





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆2個 オススメ度:☆2個 リシャールベリ ジョゼガルシア マリオンコティヤール ミシェルデュショーソワ

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク