FC2ブログ

2016年のコケ続編たち その②

インデペンデンスデイ リサージェンス
興行収入:1億ドル

インデペンデンスデイ2

前作:インデペンデンスデイ
興行収入:3億ドル
インデペンデンス・デイ [DVD]

異星人侵略映画は数多かれど、どんな作品もこれを超えることがいまだに出来ていないキングオブ侵略SF、インデペンデンスデイ。
ポケベルが使われていたりと今観るとさすがにちょっぴり古い印象を与えるところもありますが、それでも色褪せない金字塔。
そんなインデペンデンスデイの続編が20年ぶりに製作される。
このニュースに心躍った人はいたんでしょうか。どちらかといえば期待よりも不安の方が大きかったんじゃないかな世間では!
だって前作できれいにお話完結してるんだもの。続編作るったってまたエイリアン責めてくるだけかいな、と。

そんな不安10割:期待0割を背負って公開された続編、成績ははっきり言ってだめでした。
監督のローランドエメリッヒは、作品の評価は別にしてとにかくヒットさせることで定評がある人です。
デイアフタートゥモロー2012なども大幅な黒字を達成しました。
収入が多いというのもありますけど、スター俳優を起用せず製作費のほぼすべてを特殊効果にぶち込むので、目だけで楽しめる万人受けの作品になるのです。
なのでスターを起用したホワイトハウスダウンのような作品を撮るとスベるものの、極めてコスパが高い監督なのです。

なので、この続編も内容的には微妙かもしれないけど少なくとも最低限の興行成績はあげるだろうと思っていました。
腐ってもローランドエメリッヒ監督作、賞味期限過ぎてもインデペンデスデイだと。
ところが興行は1億ドルと、彼の監督作と続編というブランドを考慮に入れれば完全な失敗となる結果でした。
そりゃ前作ほどの大フィーバーはねぇだろとは思ってたけどまさかここまで盛り上がらないとは。

前作主演のウィルスミスが出演していないことが敗因の一つと考えられますが、かといって前作公開時には彼はスターではありませんでした。
やはり原因はスターではなくて、題材そのものにあると思われます。
すなわち、観客が続編を求めていなかった、ということです。
そもそもローランドエメリッヒはこれまで自身の作品の続編を作ったことがありません。続編を作れるような作品ではなかったからです。

さらなる続編作る気マンマンな雰囲気で終わるこのリサージェンス。たぶん3作目の製作は無理なんじゃないかと。
監督はそんな続編作り続けるより新規IPを模索したほうがよっぽど世の中のため(おカネ的な意味で)です。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 【特集】 2016年のコケ続編たち

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク