FC2ブログ

静かなる叫び

食べてからが本番


 残酷描写:あり
 性的描写:無し
 子供にみせられる度:小学校高学年以上

五十音順一覧 全記事リンク一覧
いまをときめくドゥニヴィルヌーブ監督の初期の作品です。
1989年にカナダの大学で発生した銃乱射事件を描いています。
私としては銃乱射といえば真っ先に浮かぶのはアメリカや北欧なので、カナダでこんな殺戮事件があったとは知らなかったです。

ザ・芸術作品て感じです。
映像が白黒であることも、途中途中で意味ありげなモニュメントにクローズアップするところに加え編集の順序にいたるまで、一秒の無駄もなくすべての画に意味を持たせている感が漂います。
なので、本作は本編を観て終わりではなく、観終わってからが本番です。
観終えた者同士でどう感じたかを語ってこそ真価を発揮する作品で、このような作品の場合、作品の感想を一人で考えようとするとうまくまとまりません。
誰かと語り合いながらあのシーンはこういうメッセージを込めてるんじゃないか、この道具はこれのメタファーなんじゃないか、とディスカッションすることにより、鑑賞中に自分自身考えてもいなかったことにたどり着くかもしれません。

そんな流れになるように意図して作ってるとしたら監督はとんでもない作り手です。
彼の複製された男メッセージもそんな感じでした。
料理そのものの味以外にも皿やテーブルや店内の内装までにも仕掛けを施すようなものです。
そんなレストランに一人で入店するのは野暮というものです。誰かと一緒に食べにいきましょう。
そして鑑賞中は深く考えない、映画は一人で観る主義の私にはハードルが高すぎでした。
単に殺戮ホラーとしてしか観れない私には観るのが20年早かったみたいです。

五十音順一覧 全記事リンク一覧

カテゴリ:映画ーさ~そ
タグ:個人的評価:☆3個 オススメ度:☆3個 ドゥニヴィルヌーヴ マキシムゴーデット セバスティアンユベルドー カリーヌヴァナッス エヴリーヌブロシュ
個人的評価:☆☆☆
オススメ度:☆☆☆
残酷描写:あり
性的描写:無し
子供に見せられる度:小学校高学年以上





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆3個 オススメ度:☆3個 ドゥニヴィルヌーヴ マキシムゴーデット セバスティアンユベルドー カリーヌヴァナッス エヴリーヌブロシュ

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク