FC2ブログ

【コラム】映画とは その1 娯楽

映画とは「娯楽」
映画は芸術であったり、教訓を教えてくれる教科書だったり、なにかを宣伝するプロパガンダであったりします。
もちろんそれらの要素が入っていても映画ではあるんでしょうが、私としては映画の根幹はまず娯楽だと思っています。
それは大人でも子供でも楽しめるとか冒険活劇とかのみの話ではなくて。
難解な芸術作品であろうが戦争の悲惨さを伝えるドキュメンタリーであろうが、例外なくすべての映画は娯楽です。

映画は基本的に、生活において必須ではない嗜好品です。
である以上は、まず楽しめることが唯一にして最大の存在理由になります。
言うなれば、基本はジェットコースターなのです。
よく「この映画はなにを伝えたいのか分からない」「製作者のメッセージが伝わらない」というレビューを目にします。
それは「このジェットコースターはなにを伝えたいのか分からない」と言っているようなもので。
ジェットコースターに意味なんてあるわけないじゃないですか。
乗った、動いた、面白かった。それが娯楽です。
もちろんメッセージ性のあるジェットコースターがあってもいいですが、それを第一に求めてどうしますか。
とにかく映画は観客が楽しめなくてはどうしようもないのです。

ルワンダ大虐殺の実話を描いたホテルルワンダで、監督が「事実に忠実でありたいが、娯楽性も失いたくなかった」と述べました。
100万人の人間がよく見知った知人にナタでズタズタにされて虐殺された実話を描くのに娯楽性のことを考える。
これこそが正しい映画監督の考え方です。
教科書のように事実を淡々と述べていくだけでは誰もその映画を観ません。観ても記憶に残りません。すなわちそれは映画ではありません。
まずは観客に面白かったと感じてもらう、それ以外の付加価値はそのあとで追求すべきものです。
娯楽はまったく追求せず芸術性や報道性のみに焦点を当てる映画人がいたら、そいつは本を書くとかジャーナリストになるとか映画以外の方法をとるべきです。

では、「娯楽とはなんなのか」という疑問が浮かびます。
それに明確な答えが出せたらこの世に駄作は一つも生まれていないでしょう。

どんな素晴らしい作品を作ってきた巨匠でも駄作を作ってしまうことがあります。
娯楽とはなにか、その明確な答えが出せる人間はこの世にそういません。
そして、それに対して回答を提示した一人の映画人がかつていました。
次回それも踏まえていろいろ述べさせていただきます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク