FC2ブログ

【雑談】娯楽の映画評論とは

映画評論が観たい。
読みたい、ではなく観たい。

誰でも情報発信できる時代、映画の個人的感想・レビューはそこら中に溢れかえっています。
中には参考にできる優れたレビューもあれば、まったく見当はずれな酷評もあることでしょう。
そしてそれらのレビューを読んで楽しいと感じることって少ないと思うんです。

映画そのものではなくレビューに楽しさを求めるのはお門違いかもしれません。
でもどうせなら!楽しみたいじゃないですか!

私自身、大勢の評価の傾向は見ますけど個人の意見として参考にしている評論家はいません。
(何度もこのブログに来ていただけている方ほんとにいつもありがとうございます)
ほぼすべての評論は、ほぼ全ての人にとって「へーそうなんだー」「あーそういう見方ねー」程度のものでしかないのが現実です。

では娯楽として楽しめる映画評論の形とは?
誰もがこぞって見たがる映画評論とはなにか?

それが、絶賛派と酷評派のしばき合いです。

ある映画について複数の評論家による対談本や映像はたくさんあれど、そのほぼすべてが
「ここが悪い」「そだねー」
「でもこの部分はよかった」「そだねー」
と、意見が一致している同調ばかりです。
特に酷評部分を語るときは話が弾みます。
この部分なんでやねんとツッコミいれているところは漫才のような娯楽として楽しめることもありますが、緊張感には欠けます。

youtubeなどで上がっている感想動画も、たいていは一人で語って、それで終わりです。
このブログもそうです。

そこでぜひ、ぜひ見てみたいのが、同じ映画についての大絶賛派とクソ酷評派のぶつかり合いです。
素晴らしいけどここはダメとか、全体的にダメだけどここはよかったとかそんなヌルいものではなく。
人生で最高のベストとしてあげる絶賛派と、人生最低のクソ駄作と酷評する人の対談が見たいのです。
このブログで言うところの勝ち組と負け組の殺し合いですね。

見てみたくないですか?
天空の城ラピュタをクソ酷評する人の理由を。
デビルマンを超大絶賛する人の感性を。
その真逆の意見を持った人間の目の前でのリアクションを。


題材にする作品は、賛否分かれるものであっては面白くならないでしょう。
観た人ほぼ全員が絶賛する傑作、誰もが酷評する駄作のどちらか極端である作品であるほど、娯楽として完成度の高い映画評論となるはずです。

好きな作品が貶されたことにより、白熱し過ぎて支離滅裂なことを喋りだすかもしれません。

途中から作品評価そっちのけで相手の人格否定に乗り出すかもしれません。

特にそれが伝記映画とかだったら、この部分が史実と違うからダメ!いや俳優の演技は素晴らしい!みたいな比較しようもない箇所同士の比較論で話が進まなくなるかもしれません。

想像しただけでワクワクしてきます。
まさに映画評論のフリースタイルダンジョンです。

youtubeに、絶賛レビュー動画に対して「あの人は絶賛しているけど自分はダメだった動画」出している人たくさんいます。
ぜひともその人同士がコラボして討論していただきたい。
あなたがそう思うのもわかるけど私はこう思う、ではなくて。
この作品の良さが分からないお前の映画感性はクソ!
こんな作品を褒めるお前は映画製作者のいいカモ!

ぐらいのしばき合いが見たいのです。
誰かやってくれないかしら。

私はやりません。たぶん傷ついて泣きそうになるから。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク