FC2ブログ

ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏

当事者不在の正義


 残酷描写:痛そう
 性的描写:ちょい
 子供にみせられる度:中学生以下には退屈かも
五十音順一覧 全記事リンク一覧
辺境の地の小さな集落の民政官を務める主人公。集落のトラブルに対処するのが彼の仕事だが、犯罪などもほとんど起こらないため平和そのもの。大きな仕事など滅多になかった。そこにやってきた国のお偉いさん方。彼らが言うには集落の近くに蛮族がいて、集落を襲撃しようとしているらしい。いやいや彼らとはいい距離を保って共存していると宥めた主人公だったが…


どの時代でもどの国でも通じるように、それらを限定していない寓話です。
元々なんのトラブルもなかった地によそ者が”手助け”に訪れ、”敵”を駆逐すべく行動しています。
寓話だけあって背景や重要な情報はあえて詳細を描きません。


私は本作をネットの炎上に重ねました。

2018年に、レースクイーンは性差別の象徴だから廃止しようという論争が起こり、実際にF1ではレースクイーンが廃止されたそうです。
重要なのはこれがレースクイーンの職に就いていた人たち本人ではなく、全然関係ない人から提起されたところです。

これが「自分たちは本当はこんな仕事やりたくない」と本人たちから提起されたなら、非常に意味ある主張と言えます。
しかし実際は「あなたたちは搾取されている」という”正義の代弁者”によって、彼女たちは誇りを持ってやっていた職を失うことになったわけです。
つまり、当人たちの間ではなにもトラブルが起こっていないのに、関係ない第三者が「それはトラブルだ!自分たちがなんとかしてあげる!」と上から目線で”手助け”し、それで誰かが不幸になってもその第三者はなにも責任をとらず逃げるという図です。


ゴーストオブツシマという日本が舞台のゲームで、これをアメリカの会社が作ったことにより「日本舞台のゲームをアメリカが作るのは日本差別だ!」と問題提起されました。
しかし声高に叫んでいたのはアメリカ人だけで、当の本人である日本人は誰一人として怒っていませんでした。
日本人は誰も怒ってないよ、とそのアメリカ人に言うと、日本にキレる意見さえありました。


差別だなんだと問題提起するのは素晴らしいことだと思います。
でもその声を上げているのが全く関係ない第三者だと、それはあなたの中だけの正義が作り出した敵なんじゃないのと疑いたくなるのです。
言論弾圧されている人間の声を第三者が代弁するなら意味もありますけど、そうでないなら当事者の主張こそが常に正しいです。

この当事者不在の正義、毎日どこかで起こってます。
本人が助けを求めてこない限り、事情も当人の心情もよく分かってない第三者がしゃしゃるべきではないのです。


これはあくまで私が本作に感じたことなので、人によっては全然違う解釈になると思います。
観た人それぞれで考えることを前提に作られた作品なので、純粋な受け身の娯楽としてみると退屈かもしれません。

五十音順一覧 全記事リンク一覧
カテゴリ:映画ーあ~お
タグ:個人的評価:☆4個 オススメ度:☆3個 シーロゲーラ マークライランス ジョニーデップ ロバートパティンソン ガーナバヤルサイカン グレタスカッキ ダーヴィッドデンシック
個人的評価:☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆
残酷描写:痛そう
性的描写:ちょい
子供に見せられる度:中学生以下には退屈かも




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆4個 オススメ度:☆3個 シーロゲーラ マークライランス ジョニーデップ ロバートパティンソン ガーナバヤルサイカン グレタスカッキ ダーヴィッドデンシック

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク