FC2ブログ

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

そこは好き放題しすぎじゃないかと


残酷描写:無し
性的描写:無し
子供に見せられる度:絶対寝る
五十音順一覧 全記事リンク一覧
イギリスで10年の長きに渡り首相を務めたマーガレットサッチャー。彼女の評価はいまでも真っ二つに分かれており、評価する者は彼女を英雄と呼び、そうでない者は彼女のいまだに憎悪を持っている。一体彼女はどのような人間だったのか。彼女はいかにして政治の世界を渡り歩いたのか。
に集中すればいいのにあの演出が本当に邪魔です。

政界から退き、認知症に侵された晩年と、政治家時代を回想した現役時代が交互に描かれます。
私はサッチャーという人物はほとんど名前しか知らなかったため、本作は彼女を知ろうとするいいきっかけになってくれました。個人的には失業率が増えているのに緊縮財政を行うのはまったく同意出来ませんが、人気をとろうという意思はなくただただイギリスのために尽くそうとする信念は素晴らしいと思いました。
人気により絶賛と酷評が両極端に振れるこの政治家という職業、生半可な覚悟の人間には務まりません。本作は彼女を絶賛もするし酷評もします。

そんな彼女の内面とか政治手腕などをもっとみたいと思いましたが、認知症による幻覚の演出がそれを邪魔します。
映画は娯楽です。たとえ実話を映画化した作品であろうとも娯楽度を増すために現実的ではない演出を入れることは間違ってはいません。しかし認知症を理由に亡き夫の幻覚と会話する描写を何度も何度も入れるのは感心しません。こんなもん病気のせいにしてなんだって出来るじゃないですか。家族から聞いた本人のエピソードをベースにしているならまだしもさすがに創作が過ぎる。入れるにしてももっと少なくていいです。パーフェクトストームと似た釈然としない感じがしました。

人生そのものが波乱万丈で、存命している中で最高の女優と言っても過言ではないメリルストリープを主演に据えているのだから、特殊な演出はもっと減らして役者と歴史だけで魅せて欲しかったです。

五十音順一覧 全記事リンク一覧
カテゴリ:映画ーま~も
タグ:個人的評価:☆3個 オススメ度:☆4個 フィリダロイド メリルストリープ ジムブロードベント
個人的評価:☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆
残酷描写:無し
性的描写:無し
子供に見せられる度:絶対寝る





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆3個 オススメ度:☆4個 フィリダロイド メリルストリープ ジムブロードベント

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク