FC2ブログ

ドラゴンボール エボリューション

実写化出来ない原作はない!


残酷描写:無し
性的描写:ゴクウがチチとイチャイチャとかけしからん
子供に見せられる度:ドラゴンボール知らなければOK
五十音順一覧 全記事リンク一覧
よく「実写化不可能といわれていた原作を奇跡の映画化!」っていうコピーを見かけますが、これほど頭悪いコピーもないですよね。そこでいう実写化不可能とは「原作に忠実に」ということです。つまりは原作を無視してしまえばどんな原作も実写化できる!という無敵の矛盾理論を驀進し続けるのがハリウッドであり、その産物が本作です。
知名度のあまりない作品であればどんな脚色をしても原作との違いに文句を言わないでしょう。気づいてくれる人がいないから。
しかし本作の原作はあのドラゴンボールなわけですよ。原作との相違に気づく人がいないってレベルじゃねえぞこの作品がドラゴンボールの実写化って気づかない人がいるかもしれないレベルだよ!実写化出来ない原作はないですね。完成度はまったく関係なく、とにかく実写化作品だよって名乗ればいいだけなんですから。

映画作りは巨額のカネと膨大な時間と大勢の人材が必要な一大事業です。
製作の過程では人間関係の衝突や、金銭的な意味で思ったとおりに作れなかったりと、様々な紆余曲折があると思われます。
それでもスタッフやキャストは自分達の作っているものが観客を喜ばせられると信じて突き進み、映画の完成までこぎつけるわけです。自分達の映画に自信があればこそ最後までやり遂げることができます。
そこで本作に関わった人たちにぜひ聞いてみたい。これ作ってるどの時点でクソ映画だって気づいた?もちろん脚本読んだ段階でだよね?
ドラゴンボールという原作を知らない人なら楽しめるかといえば、無理でしょう。英語を解さない私でも分かるくらいクソヘタクソな主演俳優の演技、説明不足の展開、どこかふざけ気味で緊迫感出したいのかコメディ寄りにしたいのか分からない演出。子供なら楽しめるという批評もありますがその批評した人にぜひ聞きたい。この作品とドラゴンボールの原作、どちらを子供に薦めたいですか?

五十音順一覧 全記事リンク一覧
カテゴリ:映画ーた~と
タグ:個人的評価:☆2個 オススメ度:☆2個 ジェームズウォン ジャスティンチャットウィン エミーロッサム チョウユンファ ジェームズマースダーズ
個人的評価:☆☆
オススメ度:☆☆
残酷描写:無し
性的描写:ゴクウがチチとイチャイチャとかけしからん
子供に見せられる度:ドラゴンボール知らなければOK





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆2個 オススメ度:☆2個 ジェームズウォン ジャスティンチャットウィン エミーロッサム チョウユンファ ジェームズマースダーズ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: いつもお世話になってます

アイリスさん
はじめまして^^
ご指摘ありがとうございます。なおしました。この作品が☆5個のわけがないですね(笑)
参考にしていただけて光栄です。本文にも書きましたがオブリビオンは同じネタの某映画さえ観ていなければ快作だと思います。
なんとか一日一作品継続していきますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^


> 初めまして、アイリスと申します。
> いつもオータケさんのブログを見て
> ツタヤに行ってます!
> オータケさんの紹介で見たDVDは数知れず、
> 高校生の息子も映画が大好きで
> 2人でみることが多いので、こちらのサイトには
> 感謝感謝です<(_ _)>
> オブリビオン、安心して見ることができそうです!
>
> 閑話休題、こちらの作品の☆がどちらも
> 5個でしたのでご連絡します(*´∀`*)
> どちらも本当は2個かな?
> これからも更新、楽しみにしています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク