FC2ブログ

ホテルルワンダ

「やつらがやってきたら、子ども達と一緒にここから飛び降りるんだ。やらなきゃダメだ!ナタで殺されるよりましだ!」



残酷描写:オブラートに包んでる
性的描写:無し
子供に見せられる度:誰でもいつかは観るべき作品
五十音順一覧 全記事リンク一覧
「虐殺」という言葉を聞いたら、一体いつごろの時代を思い浮かべるでしょうか。大戦中ということで5,60年前とか?数千年前の太古の昔とか?

100日間で100万人が殺されたルワンダ虐殺が起こったのは1994年です。いまこの文章を読んでいる人の大部分が、既に物心ついていた頃です。当時、そんな報道を見た覚えがありますか?

私は本作で初めて、ルワンダ虐殺なるものを知りました。決まった指導者がいない、昨日まで仲の良かった隣人が一斉にナタで襲ってくる、人類史上でも特に奇異な事件です。
その猟奇性と異常性もさることながら、国連がまったくの無力であることが証明された事件でもあります。現在の情報化社会ならマスコミが報道せずともさすがに情報は拡散するでしょうが、当時は現状が正しく報道されませんでした。そして人が目の前で殺されていっているのになにも手出しが出来ない国連。これは絶対に、世界に伝えなければならない出来事です。

本作の監督は音声解説にて、「現実を正しく伝えたいが、同時に娯楽性も失いたくなかった」と述べました。まさにこれが、正しい映画監督の姿です。
100万人が虐殺された史実を描く映画で、「娯楽性」と言ったのです。ともすれば人が死んだことを楽しんでるんじゃないかと批判されかねないこの発言。しかしながら、映画は娯楽性がなければ観客に観てもらえません。観てもらわなければ、伝えたいことも伝わりません。もし本作がただただ事実を並べただけの教科書のような面白みのない作品だったら、この虐殺の存在を知ることになる人は大幅に減っていたことでしょう。たとえたくさんの人が残酷に殺された史実を描くのであっても、映画には娯楽性が必要です。

死体は多いものの、虐殺を描いた作品にしてはびっくりするくらい残酷描写が少ないです。これもまた、多くの人に観てもらうための工夫です。絶対に、全人類が観るべき作品です。

五十音順一覧 全記事リンク一覧
カテゴリ:映画ーは~ほ
タグ:個人的評価:☆5個 オススメ度:☆5個 テリージョージ ドンチードル ニックノルティ ホアキンフェニックス ジャンレノ ジュードロウ
個人的評価:☆☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆☆
残酷描写:オブラートに包んでる
性的描写:無し
子供に見せられる度:誰でもいつかは観るべき作品





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆5個 オススメ度:☆5個 テリージョージ ドンチードル ニックノルティ ホアキンフェニックス ジャンレノ ジュードロウ

コメントの投稿

非公開コメント

記事ランダム表示リンク
記事一覧
スポンサー リンク
最新記事
スポンサー リンク
カテゴリ
スポンサー リンク
すごく使える参考資料
スポンサーリンク
ブログ内検索
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

スポンサー リンク
Twitter
スポンサー リンク
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
家族で映画観ててアレなシーン始まって気まずくなったことはありますか。
そういうシーンが「ある」のか「ない」のか。事前に知って気まずさ回避するために!

スポンサー リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサー リンク
スポンサーリンク